プライベート

大事な絵本

半月ほど前、我が家の愛犬『もなか』が亡くなりました・・・

朝起きたら冷たくなっていたため、最期に家族のだれもが立ち会うことはできませんでした・・・

『もなか』から教わったこと、思い出は次の機会に書きたいと思います。

『もなか』が亡くなってからふとこの絵本のことを思い出しました。

いつでも手に取れるように、目につくところに置いてあるのになかなか開くことのなかった絵本。

何度断捨離をしてもどうしても手放せなっかた絵本。

アニマルコミュニケーションの勉強をして、アニマルコミュニケーターになってこの絵本に出てくる『シロ』の気持ちを直接動物たちに聞ける、理解してあげられる人になれたんだ

と思ったらなんだか温かい気持ちになりました

この絵本は大好きな飼い主の女の子に会えなくなってしまった『シロ』の気持ちを書いている絵本で最後は心が温かくなる内容です。

『シロ』の気持ちを書いた内容ですが、大切な大好きな家族(ペット)を亡くしてしまった人の気持ちに置き換えて読むこともできます。

『もなか』(もちろん過去に飼っていた子も)に対して『シロ』と同じ気持ちで向き合っていきたいと思います😊

 

セッションさせていただいた内容も少しづつご紹介していきたいと思っています

ただいまモニター様を募集しています。

詳しくはこちら↓

モニター様募集のお知らせ

 

ピックアップ記事

  1. 大事な絵本

関連記事

  1. プライベート

    はじめまして

    アニマルコミュニケーターの百瀬ちづるです。2016年11月~201…

  2. プライベート

    きっかけ

    私がアニマルコミュニケーションと出会ったのは、友人一言がきっかけでした…

  3. プライベート

    『もなか』のコト

    先月7月12日(水)。『もなか』が虹の橋を渡っていきました。心…

  4. プライベート

    新たな挑戦?

    動物からのお手紙(メッセージ)をお届けするアニマルコミュニケーター百瀬…

  5. プライベート

    後悔と悔しさからの解放

    前回、アニマルコミュニケーションを通して『くるみ』の死に後悔と悔しさか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. プライベート

    大事な絵本
  2. プライベート

    はじめまして
  3. プライベート

    きっかけ
  4. アニマルコミュニケーション

    ご感想☆諭吉君
  5. アニマルコミュニケーション

    ご感想☆レオ君
PAGE TOP